「臨床セミナー」で絞り込み15件ヒット

デジタルラボラトリーの未来と実践

2019年08月25日(日) 10:00~13:00
定員:10名
近年CAD/CAMテクノロジーは飛躍的な進歩を遂げ、今やCAD/CAMなくして補綴、歯科技工を語ることはできない時代に突入しようとしています。歯科界が大きな転換期を迎えようとしているなかで機器、材料は何を選択する事がベストでしょうか?
急加速するデジタル技工に対応するために、本講演では、今CAD/CAMが必要とされる理由、そしてデジタルラボラトリーの未来について講演いたします。
会場
HARD OFF ECOスタジアム新潟 会議室1(エコスタ)
ライブ会場
詳しく見る >

これからレーザーを使う先生にも是非聞いてほしい レーザー臨床講演会

2019年08月25日(日) 10:00~13:00
定員:16名
オペレーザー Dual Wave は、波長 10.6μm の炭酸ガスレーザー(Opelaser Neos)と波長 808nm の半導体レーザー(Opeleser Filio)の歯科用ハードレーザーが組み合わされている。炭酸ガスレーザーは、表面吸収型レーザーに分類され、臨床では非接触で軟組織の切開、蒸散、止血などに使用されることが多い。照射部位によって、中空の付属のチップを使用することがある。しかし、中空であるために、滲出液や血液などで詰まりやすく、膿瘍内、ポケット内照射は困難である。一方、組織浸透型レーザーの半導体レーザーは、チップ先端を組織に当てて使用する接触させて使用するレーザーである。
非接触で用いる表面吸収型の炭酸ガスレーザーと、接触で用いる組織浸透型の半導体レーザー。この二つの異なる波長の歯科用ハードレーザー、それぞれの波長特性を生かした応用法。例えば、歯肉膿瘍の症例において、無麻酔下、炭酸ガスレーザーで切開を加えた後、半導体レーザーに持ち替え、周囲の炎症組織を蒸散させながら膿瘍内部に挿入し、排膿路の形成や、膿瘍内部の蒸散をすることができる。ここでは、半導体レーザーの組織浸透性に十分注意をしなくてはならない。また、エプーリス切除や、腫瘍切除などの症例において、切除自体は、炭酸ガスレーザーで短時間に行い、半導体レーザーで切除面、周囲組織の蒸散をすることも考えられる。これら半導体レーザーの応用についてもいろいろとお話してみたい。
講師
金野 俊之 先生
会場
横浜営業所
ライブ会場
詳しく見る >

Next Digital Solution CADCAM+CBCTの連動性が新しい次元の治療を可能に

2019年08月28日(水) 19:30~21:30
定員:20名
近年、歯科補綴分野において歯科用CAD/CAMシステム及び歯科用CBCTを利用することが定着しつつあります。
本講演では、(株)ヨシダより発売されております歯科用CAD/CAMシステム"トロフィーソリューションズ"及び歯科用CBCT“トロフィーパン スープリーム3D”を中心に、日常臨床におけるCAD/CAMシステムのポイント及びCAD/CAMとCBCTとの連動運用について、関千俊先生から解説をさせて頂きます。また、CAD/CAMシステムの解説については、ご講演に加えて、形成から削り出しまでの一連の流れに関しまして、実機を用いて実体験を頂ける内容を予定しております。
システムの導入メリットやご導入前の疑問等を解決させて頂く内容となっております。皆様のご参加をお待ちしております。
会場
東京本社
ライブ会場
詳しく見る >

オペレーザーユーザー会

2019年09月01日(日) 10:00~16:00
定員:50名
日本国内では多くの歯科医院でレーザーが導入されており、歯周疾患、外科処置、審美歯科への応用と日常臨床の中で幅広く活用され、患者の皆様へも「レーザー」が広く知られるようになって参りました。レーザー治療に対する知識だけではなく、エビデンスに基づく照射方法の技術も近年求められるようになってきております。
そこで弊社では、各分野でご活躍されている4名の講師に、炭酸ガスレーザー・半導体レーザーについてご講演いただきます。是非ご参加くださいますよう、心よりお待ち申し上げております。

※本セミナーはオペレーザーユーザー様、またはレーザー未導入の先生が対象です
講師
岡田 修二 先生、他
会場
大阪支店
ライブ会場
詳しく見る >

口腔内スキャナー コエックス i500 新製品発表会

2019年09月01日(日) 10:00~13:00
定員:80名
このたび、株式会社ヨシダから、新型口腔内スキャナー「コエックス i500」を10月21日に販売する運びと成りました。今般、販売を開始する「コエックス i500」は、世界的に販売展開しておりますMedit社から販売開始している製品となっております。
発表会では、海外と国内から4名の先生方をお招きして、製品の紹介をすることにしております。また、当日は、発表会後に実機を体感頂けるようになっておりますので、多くの皆様にご来場いただけますようお願い申し上げます。
会場
ベルサール東京日本橋 4階 RoomH+Ⅰ
ライブ会場
詳しく見る >

マイクロスコープハンズオンセミナー マイクロスコープを使った新しい診療スタイル

2019年09月01日(日) 13:00~17:00
定員:9名
マイクロスコープの導入は、精度の高い治療を可能にするだけでなく、その治療内容を患者にアピールすることができるため、医院にとって新たな付加価値を生み出します。
今回は歯内療法と歯科衛生士によるメインテナンスを中心に、マイクロスコープを使った日常臨床を紹介します。そして、マイクロスコープ導入が歯科医院経営に与えるメリットについてお話しします。

※本セミナーのお申込みは、WEBからのみ承っております。
講師
大河原 純也 先生
会場
東京本社
ライブ会場
詳しく見る >

オペレーザーユーザー発表会

2019年09月08日(日) 10:00~16:30
定員:120名
オペレーザーシリーズは多くの先生方のご意見・ご要望を反映させることで、全国で累計14,000台以上ご愛用いただいています。2018年4月にはレーザーの保険収載が認められました。
今年で5回目を迎える「オペレーザーユーザー発表会」では、9名のオペレーザーユーザーの先生方をお迎えし、各分野毎の症例を発表していただきます。日常臨床の中でレーザーを活用していただける内容となっております。是非この機会に多くの先生方にご参加くださいますよう、心よりお待ち申し上げております。

※本セミナーはオペレーザーユーザー様、またはレーザー未導入の先生が対象です
講師
第1部 座長:金野 俊之 先生、他
会場
富士ソフトアキバプラザ
ライブ会場
詳しく見る >

口腔内ダイレクトスキャンからミリングまでのワークフロー

2019年09月08日(日) 10:00~13:00
定員:10名
大臼歯CAD/CAM冠保険収載に伴いCAD/CAMシステムへの需要はさらに高まってきています。
当セミナーでは支台歯形成から口腔内スキャン・デザイン・ミリングまでの一連の流れを院内で完結するシステムをご紹介しながら先生方の疑問にお答えします。
会場
レンタルスペース パスカル
ライブ会場
詳しく見る >

《勤務医限定セミナー》総義歯に必要な概形印象とランドマーク

2019年09月08日(日) 10:00~12:30
定員:5名
解剖学的ランドマークを含む概形印象は、総義歯製作において重要不可欠であり、総義歯の印象は印象目的が 異なる概形印象と精密印象から成り立つ(総義歯印象=概形印象+精密印象)。
そのため、“概形印象採得に失敗したから精密印象採得で挽回する”ことはできない。そして、解剖学的ランドマークが不明瞭な印象から、個人トレーや咬合床の製作をすることは難しく、結果として義歯製作に影響を及ぼすと言っても過言ではない。
本セミナーでは、総義歯製作の概要を解説した上で、解剖学的ランドマークを含む概形印象採得法として、“アルギン酸2回法印象”の具体的印象採得法を提案したい。
会場
熊本営業所
ライブ会場
詳しく見る >

Next Digital Solution  CADCAM+CBCTの連動性が新しい次元の治療を可能に

2019年09月08日(日) 13:00~16:00
定員:8名
近年、歯科補綴の分野において歯科用CAD/CAMシステムを利用することが定着しつつあり、日本国内においても歯科用CAD/CAM市場は確立されてきたといえます。
本講演では、(株)ヨシダより発売されております歯科用CAD/CAMシステム「トロフィーカムプロ」を活用した日常臨床におけるCAD/CAMシステムのポイントをお話しします。導入メリットや導入前の疑問・課題を解決します!
会場
中部支店
ライブ会場
詳しく見る >

はじめよう光学印象採得 クリニックとラボをつなぐDigital Workflow

2019年09月12日(木) 10:00~13:00
定員:10名
歯科用CAD/CAMシステムが使用され始めてから30年ほどが過ぎ応用分野は保存・修復に始まり義歯、歯科矯正に至るまでその範囲は急速に広がっている。
今回、口腔内光学スキャナーの臨床例とその長期症例をもとに未来の歯科臨床の可能性について検討したい。
会場
ピオニウォーク2F ピオニホール
ライブ会場
詳しく見る >

Next Digital Solution CADCAM+CBCTの連動性が新しい次元の治療を可能に

2019年09月18日(水) 19:30~21:30
定員:20名
近年、歯科補綴分野において歯科用CAD/CAMシステム及び歯科用CBCTを利用することが定着しつつあります。
本講演では、(株)ヨシダより発売されております歯科用CAD/CAMシステム"トロフィーソリューションズ"及び歯科用CBCT“トロフィーパン スープリーム3D”を中心に、日常臨床におけるCAD/CAMシステムのポイント及びCAD/CAMとCBCTとの連動運用について、関千俊先生から解説をさせて頂きます。また、CAD/CAMシステムの解説については、ご講演に加えて、形成から削り出しまでの一連の流れに関しまして、実機を用いて実体験を頂ける内容を予定しております。
システムの導入メリットやご導入前の疑問等を解決させて頂く内容となっております。皆様のご参加をお待ちしております。
会場
東京本社
ライブ会場
詳しく見る >

CAD/CAMユーザーミーティング

2019年09月22日(日) 10:00~17:00
定員:30名
この度、㈱ヨシダ取扱いCAD/CAMシステムトロフィーソリューションズをお使い頂いておりますユーザー様を対象に、ユーザーミーティングを企画させて頂きました。
本ミーティングでは、弊社CAD/CAMシステムの効果的な運用方法について、座学に加えて実習も交えて3名の講師の先生方にご講演頂きます。
詳しく見る >

口腔ケア アップデート ~口腔ケアの現状と今後~

2019年09月28日(土) 15:00~18:30
定員:50名
近年、口腔ケアという言葉は定着しており、今や医療職以外の方にも広く認識される言葉となりました。また多職種連携においても欠かせない事項と言っても過言ではありません。しかしながら、まだ口腔ケア=歯磨き・口の掃除だと思っている方が多いのも事実です。
今回は著名な講師をお呼びしました。口腔ケアとは何なのか?また、何のために行うのか?気をつけるべき点は?などの答えから口腔ケアに対する認識をアップデートする機会となれば幸いです。
講師
野原 幹司 先生、他
会場
九州支店
ライブ会場
詳しく見る >

失敗しないためのエンドセミナー

2019年12月01日(日) 10:00~17:00
定員:12名
歯内療法学的診断を行った上での根管治療
~根管拡大・形成、洗浄、根充~を実習していただくセミナー

臨床家にとって根管治療に費やす割合が大きい根管拡大・形成は、手際よく安全に行いたいものである。歴史的に見ても手用ファイルからマイクロモーター用Ni-Tiファイルへと使用するファイルの質の向上と利便性において飛躍を成し遂げてきた。
しかしその一方で根管拡大・形成を行う上でスピードは格段に向上したものの安全面では不安が残ることは多くの臨床家が経験していることだろう。
今回、根管拡大・形成・洗浄、根充までを実習いただくとともに、歯内療法学的診断をどう臨床に役立てるのかを通じて、失敗しない根管治療を検討していきたい。
詳しく見る >