講師紹介

講師

松延 允資 先生

【紹介文】

九州大学歯学部 卒業
松延歯科医院 院長

【所属】
日本歯周病学会
日本臨床歯周病学会
アメリカ歯周病学会
日本顎咬合学会
ITI member
日本レーザー歯学会

開催セミナー一覧

これからレーザーを使う先生にも是非聞いてほしい レーザー臨床講演会

2019年03月03日(日) 10:00~13:00
定員:15名
2018年版のR&Dの調査によると、全国68,000件以上の歯科医院に対し、47,600台以上のレーザーが出荷されているとのことである。もちろん1歯科医院が複数台のレーザーを所持している場合もあるが、単純計算で約7割の歯科医院にレーザーが導入されていることになる。
新しい治療機器として多くの歯科医院に普及しているにも関わらず、レーザーに関する本を読んでも著者によりその使用方法は多種多様であり、レーザーの使用方法は未だ確立されていないのが現状であろう。しかしながら、実際にレーザーを臨床で応用してみると非常に有効であることが実感でき、現在当院においても最も使用頻度の高い機器となっている。
今回、日常臨床での症例を通し、当院のおける炭酸ガスレーザーの具体的な使用方法やその考え方をお話ししたい。

※受講料は現地支払いとなります。お申込み画面では【銀行振込】を選択して下さい。
会場
全労済ソレイユ
ライブ会場
終了しました
詳しく見る >
2019年03月21日(木) 12:00~16:00
定員:100名
この度、弊社九州支店ショールーム及び講演会場が平成31年より全面リニュアルオープンいたしました。
今回そのオープン特別記念として船越栄次先生を座長にお招きし、各先生方に最新医療機器を使用した症例講演会を開催させていただきます。先生方のご参加を心よりお待ち申し上げております。
合わせて体感型ショールームに生まれ変わった弊社会場もぜひご見学ください。

【講演内容】
「歯科治療におけるマイクロスコープ アレグラの有用性について」(松延允資 先生)
「レーザーを再生療法に用いるという新たな可能性」(山下素史 先生)
「ココまでわかってきたエムドゲイン療法成功の鍵」(吉田茂 先生)
「日常臨床におけるCBCT活用術CBCTを活用できる歯科医師が生き残る」(木村英隆 先生)
「最新歯科医療機器や生物製剤の応用なしに患者のQOLの向上は考えられない」(船越栄次 先生)
終了しました
詳しく見る >

マイクロスコープハンズオンセミナー 歯科治療におけるマイクロスコープの有用性について

2019年08月04日(日) 10:00~16:00
定員:6名
マイクロスコープがNi-Tiファイル、CBCTとならび歯内療法の三種の神器と言われ久しいですが、現在では歯内療法に留まらず様々な分野に応用されています。また、2016年より歯科保険診療に導入され、マイクロスコープの市場は今後さらに成長していくと予測されており、歯科医院が乱立する中、マイクロスコープなしでは他院との差別化は図れないと考えています。
今回、これからマイクロスコープの購入を考えられている方、また購入したもののどのように使用すればよいのか分からない方などを対象に、「見える」「記録する」といったマイクロスコープの特徴と、歯科治療におけるマイクロスコープの有用性を理解して頂き、抜去歯を用いた根管拡大、根管充填や形成など実際にマイクロスコープを触り、覗き、使用して頂きたいと思います。
会場
九州支店
ライブ会場
詳しく見る >