これからのデジタル時代に対応するための、CAD/CAMシステムと3Dプリンターの活用方法

2019年05月12日(日) 10:00~13:00
定員:20名
受付終了しました
本セミナーの受付は終了しました。
近年、歯科業界にもデジタル化の大きな波が押し寄せてきております。そのデジタルワークフローの中で保険収載されたCAD/CAM冠は大臼歯部も適用(条件付き)となり、今後益々ニーズは増えると考えます。従来とは異なり印象が不要な3DIカメラ、撮影データからパソコン上でデザインし、削り出しまでを1日の診療の中で完結させていくにはどのようにすれば良いか、運用メリットも含めて分かりやすくご説明致します。
更に3Dデータ(CT)を活用した診断と患者さんへのカウンセリング、その3Dデータと口腔内スキャンデータを如何に診療の中に取り込んでいくかがポイントになります。
そして、今話題の3Dプリンターを歯科の分野で如何に活用出来るかも分かりやすくご説明いたします。
講師

関 千俊 先生

明海大学歯学卒業
アルファタイトインプラント公認インストラクター

【所属】
日本ピエゾ臨床研究会会員
日本口腔外科学会会員
日本口腔インプラント学会会員
日本顎顔面口腔インプラント学会会員
日本デジタル歯科学会会員
>
定員
20名
お申込み状況
終了しました
参加費/お支払い方法
定価
(FAX)
銀行振込 クレジットカード
払い
歯科医師(開業医)

3,000円

2,700円

ご利用不可

歯科医師(勤務医)

3,000円

2,700円

ご利用不可

歯科技工士

3,000円

2,700円

ご利用不可

その他

3,000円

2,700円

ご利用不可

※価格は全て税込です。

参加費のお支払いについて
銀行振込は入金確認をもって受付とさせていただきます。お振込み手数料は、お客様の負担でお願いいたします。払込票の控えを領収書に代えさせていただきます。
会場/お申込み

セミナー会場

大阪支店
大阪府大阪市西区北堀江1-8-10 (MAP)
終了しました